(early's) BLOG B-SIDE

裏側(B-SIDE)を覗き込む雑談メディア

【連載企画】絵描きOL小鈴キリカのインスピレーション・フロム・ミュージック

じゃんじゃじゃん!!

おばんです。

今回で二回目となったこの企画。

 

絵描きOL小鈴キリカの、

インスピレーション・フロム・ミュジック〜〜〜〜〜!!!

 

f:id:arinkozou:20180509223003j:plain

小鈴キリカ (@ksz_kirika01) • Instagram photos and videos

 

 ▼関連記事

aridea.hatenablog.com

 ▼第一回(初回)
aridea.hatenablog.com

 

 

水曜の夜も25時をまわって参りましたが。

キリカ ・キッズの皆様におかれましては、それはもう、

首をキリンさんのように

なっが〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜くして

待っておられた事でしょう。

お待たせしました。

 

 

 

 

******************

 

本コーナーは、毎週水曜日※に

音楽愛好家でもある小鈴キリカ氏が曲をひとつセレクトし、

の歌詞や世界観からインスピレーションを得て一枚絵を描きあげる

という無敵のコンセプト企画。

  ※水曜日というのは、おおむね27時くらいまであります

 

 

 

”歌もの”曲の良さと言えば、なんといってもメロディーラインに加えて歌詞を味わう事ができるという点。

しかも、その解釈は人によってまちまち

子供の頃に聴いた曲が、大人になってまったく違う意味で新鮮に聞えてくるという経験は誰しも一度は経験があるはず。

 

そんな無限の可能性を秘めた”歌もの音楽の解釈”を、

キリカ氏の音楽的センスと美的センスに託して

イラストレーションにしていただこうではないか!

というパワープレイ企画。

 

 

二回目の今日は、懐かしのあの曲たちを元に、

ちょっとミステリアスなムードでお届け!

 

 

準備はできた?

Ready GO!

*******************

 

song 1: Woman "Wの悲劇"

Woman “Wの悲劇”より

Woman “Wの悲劇”より

  • provided courtesy of iTunes

f:id:arinkozou:20180517005642j:plain

illustration by KIRIKA KOSUZU

ああ時の河を渡る船に

オールはない 流されてく
横たわった髪に胸に
降りつもるわ 星の破片

 

 

おっお〜〜!

来ましたね。私好みのやつです

暗闇の中を流れる小川に、薄幸の乙女がひとり、ゆらゆら小舟にゆられます。

波のようにも、葉脈のようにも思える有機的な水面の模様は、どこかアールデコの時代の優雅さと儚さを思わせます。

彼女の生きるモノトーンの世界に、しかし、

ぽとぽとと降りしきる紅い花びらのシャワー。

それは、生気を失った彼女の、何より欲しいものである"血液"への渇望か、

はたまた、

それでもなお、いたづらに流れしたたる流血の無情か。

あの柔らかなシーツのようなワンピースが、永遠に清らかな白を保つことができればいいのに。

せめて、最後彼女が暗闇の果てに消え行く、その時までは。。。

(To Be Continued...)

 

 

 

 

 

 

 

song 2: Behind the Mask

BEHIND THE MASK

BEHIND THE MASK

  • provided courtesy of iTunes

f:id:arinkozou:20180517005702j:plain

illustration by KIRIKA KOSUZU

Is it me
Is it you
Behind this mask, I ask

 

 

 

 

 

 これまた、シブい選曲で来ました。

 

わたしなのか

あなたなのか

マスクの下で、私はたずねる

 

なんだか、無限に解釈の余地のありそうな詩。

わざわざこの解釈に挑むとは、なんと勇敢なお絵描き戦士なのでしょう、キリカ氏よ。

ただ、

そのなんとか解釈しようとした結果、

さらに謎が深まっている感じ

の仕上がりが個人的には大変ツボです。

もう、ねぇ、だって、どうなっているんでしょう、これ。

女の子のようなマスクの下には、相対的にみて男の子のような(まつげのない)マスク。

その二枚のマスクの下にある実態は、なぞのエネルギーに満ちた赤い光線を放って光り、0と1のデジタル信号で覆われた緑色の頭部には、ただひとつ、耳があるのみ。

おまけに、カツラとチューリップ帽子(推定)まで装備しています。

宇宙のまんなかに浮かんだような黒の背景は、

無限の広がりとも言えそうであり、

かたく閉ざされた暗室のようでもあり。

囚人の描くイラストのもつ、どこまでも不可解な魅力に近いものがそこにあります。

 

 

 

 

 

 

いかがでしたでしょうか。

今回は前回とも打って変わって、キリカ氏の底知れぬポテンシャルを垣間見たような気がします。

次回はどんな切り口で魅せてくれるのか?!

 

 

待たれよ次週!

f:id:arinkozou:20180517014951j:plain

(筆者補足)

キリカ氏が一刻も早く、景品の特製ドンブリ(150ptで交換可)をGETできる日を、筆者も固唾をのんで待ちわびています。

 ※現在の進捗:7pt(2018/5/16時点、本人申告)