(early's) BLOG B-SIDE

裏側(B-SIDE)を覗き込む雑談メディア

サービス精神は受注生産

サービス精神は、過剰供給になると誰も得をしない。

人は、ある程度満たされると、その先の充実には鈍感になるもの。

 

例えば、年収800万円超えた時が最も幸福感の変化量が多いという話もあるように。

 

 

定食を頼んで、粋なお通し小鉢がついてきたら、私たちは嬉しい。

でも、メニューを悩んでいる時に、全てのメニューの試食を一通り出されても、それは返って判断を迷わせるし、なんだか気が引けてしまうだろう。

 

 

サービスは、さりげなく。

中身の5パーセント程度でいい。

 

注文される前から、サービスしなくていいのだ。

 

 

 

なんだか、いつも自らその場のお笑い芸人を買って出てしまう人、いませんか。

 

人を笑顔にできるあなたは、じゅうぶん素敵です。

ガンバってます。

だから、いちどその溢れるサービス精神を、受注生産に切り替えてみようじゃありませんか。

 

 

いつも笑っているあなたに、足りないものは

案外怒ってみることなのかも。

いじけてみたり。

泣いてみたり。

にんげんだもの

 

 

サービス精神は、受注生産がちょうどいい。